プロフィール

村山祥栄プロフィール
昭和53年2月7日バプテスト病院に生まれる。左京区下鴨蓼倉町在住。
マクリン幼稚園、下鴨小学校、東山中学、東山高校卒。
中学時代、自己保身に走る政治家をみて、「自分なら命をかけて働く」
と政治を志す。

平成8年 専修大学法学部入学。学生時代は衆議院議員松沢成文秘書として政治の現場で奔走。

平成12年 株式会社リクルート入社(SUUMOの営業マン)

平成15年 左京区から京都市政史上最年少で初当選。
◆職員のさぼリ現場にTV局と乗り込み大乱闘。京都市不祥事問題の火付け役になる
などタブーなき改革に挑戦!

平成19年二期目トップ当選。
◆数か月に及ぶ同和行政の実態
その後、講談社より出版され、
同和行政終結に向けた大きな一里塚となる。

平成20年 京都市長選挙立候補、惜敗。
◆不祥事続きの市役所内部から候補擁立に異議を唱え、市議を辞し、立候補。
自公民vs共産vs村山という構図の中で8万4千票余りを得票と大健闘!

平成22年故堀場雅夫氏らとともに、地域政党京都党を発足。

平成23年 京都市政史上過去最多得票12,529票にて三期目当選。
◆議員定数削減の直接請求を実施、定数減のきっかけに。土地開発公社の塩漬け
用地の実態調査がTVでも取り上げられ大きな問題に。

平成27年4期目トップ当選
◆「今上天皇譲位後は京都へ」の署名活動で1万筆を国へ提出、宿泊税の導入提案など
幅広い分野で話題を呼ぶ。大正大学地域構想研究所客員教授にも就任。

平成31年 5期目トップ当選(4期連続)

主な受賞歴
2012年 マニフェスト大賞地方議会部門 優秀賞(地域政党京都党)
2016年 日本自治創造学会研究大会•改革発表会「改革取り組みベスト5」
2016年 マニフェスト大賞政策提言部門優秀賞(村山祥栄•森かれん)

主なマスコミ出演歴
KBSラジオ「藤崎ぶーケット」レギュラー出演(~2010.12)
TBS「ニュース23」、フジテレビ「17タイム」朝日放送「情報番組
関西テレビ「ニュースアンカー」、毎日放送「voice」など多数
MOVE」、

主な著書
京都•同和「裏」行政(講談社+α新書)
地域政党(光村推古書院)
地方を食いつぶす「税金フリーライダー」の正体タカリと粉飾の日本病(講談社+α新書)